バクマン

大団円と『バクマン。』が残したもの。 『バクマン。』20巻書評

バクマン。 20 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/07/04メディア: コミック購入: 3人 クリック: 433回この商品を含むブログ (86件) を見る この巻を持って大団円となる『バクマン。』。 20巻という切りのよい…

叶った夢と最後の試練 『バクマン。』19巻書評

バクマン。 19 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/06/04メディア: コミック購入: 5人 クリック: 227回この商品を含むブログ (50件) を見る この巻を含めあと2巻で完結となる『バクマン。』。 前巻では『RE…

W主人公マンガとしての『バクマン。』 『バクマン。』18巻書評

発売から1年近く経っていますが、アニメが終盤に入っていてぎりぎり賞味期限切れには間に合ったかなぁ。。。遅くなりましたが、ご寛恕いただければ幸いです。バクマン。 18 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012…

 リベンジと伏線と。 『バクマン。』17巻書評

バクマン。 17 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/03/02メディア: コミック購入: 9人 クリック: 291回この商品を含むブログ (66件) を見る 現在ジャンプで連載中の本編ではいよいよ最後のまとめに入った感も…

天才と孤独と孤高と。『バクマン。』16巻書評

バクマン。 16 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/01/04メディア: コミック購入: 3人 クリック: 226回この商品を含むブログ (65件) を見る 2ヶ月も放置してしまいました、『バクマン。』16巻のプチ書評です。…

「試練」と「爽快感」 『バクマン。』15巻書評

バクマン。 15 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/10/04メディア: コミック購入: 6人 クリック: 456回この商品を含むブログ (57件) を見る『バクマン。』15巻が刊行されました。巻数では『DEATH NOTE』を超え…

七峰という『タッチ』の吉田ポジション。 『バクマン。』14巻書評

バクマン。 14 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/08/04メディア: コミック購入: 8人 クリック: 304回この商品を含むブログ (81件) を見る『バクマン。』14巻が発売されました。 連載当時に各地で議論を巻…

スポーツ漫画のメソッドで描くことの限界について考察してみる。 『バクマン。』13巻書評

バクマン。 13 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/06/03メディア: コミック購入: 10人 クリック: 465回この商品を含むブログ (95件) を見る 村田雄介『ヘタッピマンガ研究所R』が発売されました。 28年前…

「創造」と「表現」 『バクマン。』12巻書評

バクマン。 12 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/03/04メディア: コミック購入: 10人 クリック: 579回この商品を含むブログ (102件) を見る 前巻で「第一部・完」と評しました『バクマン。』12巻は通常より…

第一部、完。 『バクマン。』11巻書評

バクマン。 11 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/12/29メディア: コミック購入: 8人 クリック: 449回この商品を含むブログ (109件) を見る ファンブックと同時に、『バクマン。』11巻が発売されました。 フ…

『バクマン。』キャラブックの『キャラマン。』が意外に面白かった件

バクマン。キャラクターブック キャラマン。 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/12/29メディア: コミック クリック: 32回この商品を含むブログ (24件) を見る先日、『バクマン。』11巻と同時に、『バクマン。…

「集大成」への道のり 『バクマン。』10巻書評

バクマン。 10 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/10/04メディア: コミック購入: 9人 クリック: 353回この商品を含むブログ (144件) を見る『バクマン。』10巻が発売されました。 アニメ放映も開始、『このマ…

「ギャグマンガ家」の苦悩 『バクマン。』9巻書評

バクマン。 9 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/08/04メディア: コミック購入: 9人 クリック: 258回この商品を含むブログ (134件) を見る『バクマン。』9巻が発売されました。 ジャンプ連載ではすでに新局…

キャラクター漫画における「2周目」 『バクマン。』8巻書評

バクマン。 8 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/04/30メディア: コミック購入: 5人 クリック: 281回この商品を含むブログ (157件) を見る大場つぐみ・小畑健『バクマン。』8巻が発売になりました。アニメ化…

嵐の予兆。『バクマン』7巻書評

バクマン。 7 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/03/04メディア: コミック購入: 9人 クリック: 257回この商品を含むブログ (163件) を見る6巻で病という「試練」に遭遇した「亜城木夢叶」ことサイコー・シュ…

病という「試練」。『バクマン』6巻書評

バクマン。 6 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/01/04メディア: コミック購入: 11人 クリック: 177回この商品を含むブログ (171件) を見る2009年1月に単行本1巻が発売された『バクマン。』、2010年1月に6…

漫画家で「在る」ということ。 『バクマン。』5巻書評

バクマン。 5 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/11/04メディア: コミック購入: 17人 クリック: 342回この商品を含むブログ (194件) を見る2009年に発売されたマンガの中でイチオシと言えば?の問いに『…

『思い出を切りぬくとき』(萩尾望都/河出文庫)

思い出を切りぬくとき (河出文庫)作者: 萩尾望都出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/11/04メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 37回この商品を含むブログ (36件) を見る 本記事に副題をつけるとすれば、”『バクマン。』読者にオススメ!萩尾望都『思…

編集者という「コーチ」と、現代の「コーチング」 『バクマン。』4巻書評

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/08/04メディア: コミック購入: 12人 クリック: 185回この商品を含むブログ (224件) を見る大場つぐみ・小畑健『バクマン。』第4巻が発売になりました。 3巻…

『バクマン。』が描く現代の「天才」 『バクマン。』3巻書評

バクマン。 3 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/06/04メディア: コミック購入: 7人 クリック: 56回この商品を含むブログ (226件) を見る大場つぐみ・小畑健『バクマン。』第3巻が発売になりました。 2巻で…

『バクマン。』と『まんが道』と『タッチ』と。 『バクマン。』2巻書評

バクマン。 2 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/03/04メディア: コミック購入: 11人 クリック: 177回この商品を含むブログ (350件) を見る『バクマン。』2巻読了。相変わらずの面白さです。 2巻ではサイコ…

ジャンプで推理物といったら

●「ネギま!」赤松健が「バクマン。」を日記で語ったと話題 :にゅーあきばどっとこむ 「真城最高=異常に絵が上手い、パラレルワールドの大場つぐみ氏」で、 「高木秋人=容姿的にも成績的にも、理想的な境遇の大場つぐみ氏」という ことです。(もちろん川…

『バクマン。』と『DEATH NOTE』を比較して語る物語の「テンポ」と「密度」 『バクマン。』1巻書評

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)作者: 小畑健,大場つぐみ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/01/05メディア: コミック購入: 15人 クリック: 501回この商品を含むブログ (637件) を見るようやく単行本化されました大場つぐみ・小畑健版「まんが道」こと…

QuickJapan12月号に『バクマン。』担当編集者のインタビューが掲載

クイック・ジャパン81 (Vol.81)作者: 浦沢直樹,ゆらゆら帝国,大場つぐみ,小畑健,小山ゆう,槇村さとる,神尾葉子,新井英樹,ハロルド作石,古川日出男,内村光良,千原ジュニア出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2008/12/12メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 19…

シビアな世界を描く漫画。『おおきく振りかぶって』、『バクマン。』、そして。

先日「『バクマン。』は『DEATH NOTE』へのアンサーコミックかもしれない - 三軒茶屋 別館」という記事を書きましたが、前回記事を引用したotokinokiさんが更なる考察記事をアップされました。 ●2008-09-01 otokinokiさんは「シビアな世界」を描く作品として…

『バクマン。』は『DEATH NOTE』へのアンサーコミックかもしれない

大場つぐみ・小畑健の『DEATH NOTE』コンビによる漫画家を目指す少年たちのマンガ『バクマン。』。ネット界隈でも評判が良いようです。 まだ連載第2回の段階ですので考察というほどのものは出来ませんが、思ったことをつらつらと。 フジモリの認識では、『D…